ようこそ創作沼へ

小説、イラスト創作に役立つ情報を発信。
小説賞下読み経験者に、小説を読んで感想を書いて欲しい、記事作成して欲しい、など、ライティング系のご依頼、承ります。

詳細はこちら

【2024年回】百合文芸対策について考えてみた

百合文芸漫画原作コンテスト紹介記事アイキャッチ 各種賞の考察

百合文芸小説コンテスト(以下、百合文芸)は、2018年より開催されているコンテストです。

百合の小説コンは少ないので、競争倍率も高めですが、書き手の熱気もすごいです。この賞の受賞者がほかのところで受賞あるいは単著デビューするなど、一種の登竜門的な印象もあります。

ところで2024年開催回から、要項が大きく変わりました

賞タイトルも、百合文芸小説コンテストから、『百合文芸』マンガ原作コンテストに変更になっています。

漫画原作のコンテストにシフトしたのかもしれませんが、仔細は今のところ不明です。

この『百合文芸』マンガ原作コンテストの募集が、前回までの賞の続き物であるかはわかりません。ただ、今年の百合祭りの開催告知を、待ちかねていた人も少なくないのではないでしょうか。

というわけで、この賞の概要と多少の対策について考えてみました。

サメダが百合文芸のことを知ったのが5回からなので、気休め程度にお読みください。

応募時は絶対に、公式の規定を見て確認してください。この記事はあくまで紹介にすぎません。要項を一部抜粋してあるだけです。

◇このブログの運営者・サメダ(下読み経験者)の、「あなたの小説に感想を書きます」サービス・ランサーズにて承り中

2024年『百合文芸』マンガ原作コンテストの賞枠

今回の賞枠はこのようになっているようです。

大賞(1名)
賞品:賞金10万円、コミック百合姫にてコミカライズ確約

優秀賞(2名)
賞品:賞金3万円、pixivノベルに掲載

pixiv賞(若干名)
賞品:Amazon ギフトカード(2,000円分) 、pixivisionにて紹介

pixivのHPより
規定
  • 小説作品のみの受付
  • 文字数20,000字以上
  • 複数応募可
  • 日本語でオリジナルのみ

第5回は短編と中・長編の2部門に分かれていましたが、統合されました。文字数上限はないようです。また今回は賞を出している出版社が、4/19時点の情報では、コミック百合姫のみになります。

コミカライズの賞ですが、応募は小説のみなので注意してください。


募集期間とテーマ

  • 募集期間:2024年7月2日(火)~2024年9月30日(月) 23:59
  • テーマ:女性同士の恋愛や友愛などの関係性をテーマにしたマンガ原作となる小説を募集

公式によると、

○こんな作品を求めています
女性同士の交流の中で生まれる、特別な親愛・関係性が描かれた作品。思わず口にしたくなるようなセリフや、心に沁みるシチュエーションに出会えることを期待しています。

pixivのHPより

だそうです。


AI使用の可否

この賞でのAI使用はNGです。

(※pixiv自体は、AI作品の投稿はできます)


対策

参考になるかわかりませんが、こちらに過去の百合文芸の情報をまとめてあります↓

ただ今回は、マンガ原作コンテストなので、これまでの賞とちょっと違うものになってくる可能性もあります。

なお、マンガの原作として評価される作品がどういうものかは、以下を試してみると何かつかめるかも。

  • 他のコミカライズコンテストの受賞作
  • 『百合姫』に掲載されたマンガ原作小説
  • 『百合姫』そのもの
  • 商業ものの百合作品を読んでみる

順に見ていきます。

他のコミカライズコンテストの受賞作を読む

小説原作の、コミカライズコンテストの募集要項や総評を探して、読んでみるのがおすすめです。

ジャンルは違っていても、同じコミカライズということで、コミカライズ作品において求められているもののヒントが拾いやすいです。

『百合姫』に掲載されたマンガ原作小説を読む

百合文芸過去回の百合姫賞受賞作品を読む。

これがこの賞を攻略するための、かなり強い味方になるのではないかと思います。

この賞に入った作品は、当然ながら百合姫編集部に選ばれたわけなので、その理由を解析すれば、最短距離で傾向と対策に近づきやすいのではないでしょうか。

『百合姫』掲載のマンガ原作小説例
  • コミック百合姫2024年6月号(第5回受賞作「近日点はまだ遠く」のコミカライズが掲載されています)



『百合姫』そのものを読む

大賞は『百合姫』でコミカライズされるわけなので、『百合姫』にふさわしい作品が何かを考える必要があります。

そのためには、まず『百合姫』について知るのがベターではないでしょうか。

どういうジャンルの作品が掲載されていて、どういうジャンルは載っていないのか。その辺を考えるだけで何かヒントになるかもしれません。

『百合姫』愛読者は一歩有利かも……?

傾向を掴むには、なるべく最近の発行号を読むのがおすすめです。

漫画を読むのすら疲れるという人は、アニメ化された作品もあるので、そちらから入るのも、ハードルが低めでいいかもしれません。

アニメ化作品例

『私の百合はお仕事です!』


女学園風のコンセプトを持つカフェ「リーベ女学園」が舞台の百合。

主人公は可愛さと外面の良さに自信があるのですが、カフェで出会った女子が、実は因縁がある相手で外面がピンチに……? というところから始まる、お仕事要素ありの百合。




商業ものの百合作品を読んでみる

商業ものの百合作品を読んでみることで、得られるメリットは多いです。

  • 既存の有名な商業百合とのネタ被りを避けられる
  • 売り物になるレベルがどのくらいなのか
  • どのくらいの描写までがOKなのか

など、さまざまなことがわかります。


・(参考)小説作品ですが、個人的なおすすめを貼っておきます。

漫画のおすすめ作だと、たぶんこのブログよりもっと詳しいサイトがあるので、そちらを探してみたらよろしかろうかと思います。


まとめ

2024/4/19現在、開催の予告のみが出ている状態なので、続報が待たれます。

このブログの運営者・サメダ(下読み経験者)が、「あなたの小説に感想を書きます」サービス・ランサーズにて承り中です

このブログを書いている人
サメダ

小説を読むのが好きで、一般文芸系小説賞の下読みを数年しています。
公募勢でもあり、これまでの獲得賞金は160万超。
このブログでは創作、公募について発信していきます。記事内容は、公式とは無関係で、著者の主観による部分が大きいことをお断りしておきます。
文章書き、小説感想書きのお仕事承ります。問い合わせフォームからメッセを投げてみてください。

サメダをフォローする
各種賞の考察
サメダをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました