ようこそ創作沼へ

小説、イラスト創作に役立つ情報を発信。
小説賞下読み経験者に、小説を読んで感想を書いて欲しい、記事作成して欲しい、など、ライティング系のご依頼、承ります。

詳細はこちら

公募ガチ勢による公募コツ

公募ガチ勢による公募コツ

【落選続きの時の対処法】公募ガチ勢による受賞のコツ10

公募に落ち続けるときは、やめる、休む、続行するの3つの選択肢がある。続行する時は、努力の方向性を間違えないように気を付けよう。
公募ガチ勢による公募コツ

【応募後ミスに気付き、ショックを受けたことがある人のための記事】公募ガチ勢による受賞のコツ9

完成後すぐ応募するのは避けたほうがいい。疲労を取ってから再度作品を冷静に見直す方が後悔が少ない。なお、ミスはないほうがいいですが、少々のミスなら、あまりこだわることもない。
公募ガチ勢による公募コツ

【公募生活を長く続ける方法】公募ガチ勢による受賞のコツ8

公募では無駄なプライドは捨てる。無駄なプライドとは、前に進む意欲を失わせるものすべて。進めなくなった者から脱落してしまう。まず脱落しないことを心掛ける。
公募ガチ勢による公募コツ

【スケジュール管理で戦略的公募】公募ガチ勢による受賞コツ7

公募スケジュールを管理することで、PCDAサイクルやOODAループが回しやすくなる。公募に割ける時間は有限なので、公募の効率化を進めよう。
公募ガチ勢による公募コツ

【アイデア出しおすすめ本紹介】公募ガチ勢による受賞コツ6

アイデアは、始めに思いつくものはみんなが思いつきがちです。深掘りする努力を。応募テーマへのリサーチは惜しみなく行いましょう。余ったアイデアはストックしておくと公募がはかどります。
公募ガチ勢による公募コツ

【落選をチャンスに変える方法】公募ガチ勢による受賞のコツ5

何度応募しても箸にも棒にも引っかからない賞は、あなたに向いていないです。一方、ちょっとでもいいところまで行った賞や、どうしても取りたい賞がある場合は、落ちた理由を徹底的に考察しましょう。
公募ガチ勢による公募コツ

【公募ソロ活の人はリスキー?公募友達が多いほうがいい理由】公募ガチ勢による受賞のコツ4

ソロ活も気ままでいいですが、集合知のほうが優れている場合が多い。こだわりがなければ、適度に公募仲間と交流をしておいた方が、トラブルがあっても一人で抱え込まずにいられます。
公募ガチ勢による公募コツ

【嫉妬心をなだめる言葉】公募ガチ勢による受賞のコツ3

忙しくしていれば、必然的に、怒りや嫉妬に割く暇がなくなります。極端な話、余計なことを考える暇があるから、嫉妬してしまうともいえます。 公募のことを考えない期間が、公募にとってマイナスかというと、決してそうではないので、インプット期間ととらえて休養するのも手。
公募ガチ勢による公募コツ

【カテエラ作品を応募するのってどうなの】公募ガチ勢による公募のコツ2

カテエラ、つまり、カテゴリーエラーはOKなの、NGなの? 結論から言うと、基本的にNGです。斬新すぎる作品や、あまりにその賞の過去作品などから乖離している作品の場合、下読みが落とすことがあります。商品を使用する年代はどのくらいなのか、その年齢層・性別のニーズや流行にアプローチすると公募に勝ちやすいです。
公募ガチ勢による公募コツ

【応募規定を読み込み、死守する】公募ガチ勢による受賞のコツ1

応募規定は死守。守らなくても選考通過するかもしれないけど、規定違反で落とされても文句は言えない。不明点は問い合わせしてみよう(あまりしょうもないことで問い合わせするのはNG)