ようこそ創作沼へ

小説、イラスト創作に役立つ情報を発信。
小説賞下読み経験者に、小説を読んで感想を書いて欲しい、記事作成して欲しい、など、ライティング系のご依頼、承ります。

詳細はこちら

公募のコツ

公募ガチ勢による公募コツ

【落選続きの時の対処法】公募ガチ勢による受賞のコツ10

公募に落ち続けるときは、やめる、休む、続行するの3つの選択肢がある。続行する時は、努力の方向性を間違えないように気を付けよう。
公募ガチ勢による公募コツ

【応募後ミスに気付き、ショックを受けたことがある人のための記事】公募ガチ勢による受賞のコツ9

完成後すぐ応募するのは避けたほうがいい。疲労を取ってから再度作品を冷静に見直す方が後悔が少ない。なお、ミスはないほうがいいですが、少々のミスなら、あまりこだわることもない。
各種賞の考察

【2024年回】百合文芸対策について考えてみた

2024/4/19現在、開催の予告のみが出ている状態なので、続報が待たれます。
公募情報

HelveticaBooks短編小説賞概要&主催者に聞いてみた

応募要項は最新のものを、HelveticaBooks公式サイトorしのき美緒さんのnoteを要確認。第1回ということで賞傾向も未知数ですので、自分が賞傾向を作って見せるという意気込みで送ってみてはいかがでしょうか?
公募ガチ勢による公募コツ

【公募生活を長く続ける方法】公募ガチ勢による受賞のコツ8

公募では無駄なプライドは捨てる。無駄なプライドとは、前に進む意欲を失わせるものすべて。進めなくなった者から脱落してしまう。まず脱落しないことを心掛ける。
各種賞の考察

あたらよ文学賞の傾向と対策を考えてみた

文芸誌『あたらよ』創刊号の中の「最終選考会」のページを読むと、けっこう選考の雰囲気や傾向がわかるかも。また作品被り対策として、前回受賞作を読んだほうがベター
公募ガチ勢による公募コツ

【スケジュール管理で戦略的公募】公募ガチ勢による受賞コツ7

公募スケジュールを管理することで、PCDAサイクルやOODAループが回しやすくなる。公募に割ける時間は有限なので、公募の効率化を進めよう。
公募情報

コンテストで最終選考通知・受賞内定通知が来た時の過ごし方、注意点など

最終選考の通知が来たら、SNSは沈黙しておくのが最善手。どれだけ親しかろうが、通過・受賞情報を漏らしちゃダメ。たとえ相手がいい人でもダメ。
公募ガチ勢による公募コツ

【アイデア出しおすすめ本紹介】公募ガチ勢による受賞コツ6

アイデアは、始めに思いつくものはみんなが思いつきがちです。深掘りする努力を。応募テーマへのリサーチは惜しみなく行いましょう。余ったアイデアはストックしておくと公募がはかどります。
下読みのつぶやき

下読みサメダの考える、スムーズな作家へのルート

いきなり大きな賞を狙わず、小さな賞からコツコツと取っていくのが堅実です。実績をとにかく積みあげることが、あなたを賞レースで有利にしてくれます。