ようこそ創作沼へ

小説、イラスト創作に役立つ情報を発信。
小説賞下読み経験者に、小説を読んで感想を書いて欲しい、記事作成して欲しい、など、ライティング系のご依頼、承ります。

詳細はこちら

note有料記事は売れる? 経験者によるマネタイズのコツ

note有料記事は売れるの?アイキャッチ 文章系
この記事はこんな人に特におすすめ

・noteで記事を販売してみたい。気を付けることはある?

・noteで記事が売れなさ過ぎて心折れた

・そもそもnoteで記事が売れる話って、あれ都市伝説じゃないの?

こんにちは、サメダです。

投稿サイトのnoteでは、とても簡単に記事の販売ができます。

note ――つくる、つながる、とどける。
クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。

でも

素人が書いた有料記事なんか売れるの? 正直どうなの?

という疑問もあるかと思います。

以下、それについて、実際にマネタイズに成功した著者の経験を書いていきたいと思います。

◇このブログの運営者・サメダ(下読み経験者)の、「あなたの小説に感想を書きます」サービス・ランサーズにて承り中

有料記事は売れる

結論から言うと、有料記事は売れます

ただし、

人によると思いますが、著者の場合、激的に売れるわけではないです。月に、2~3回くらい売れます。小学生のお小遣い程度のお金が入ります。

金額的に満足できる額を稼ぎ出せる人は少ないと思うのですが、有料記事を作らなかったら、このお金は入って来ませんでした。

売れ行きは、設定金額をいくらに設定しておくかでも、違ってくるかと思います。ちょいちょい稼ぎたいのか一発大当たりを狙うのか、それは個人の営業戦略に任されています。

なお、note無料会員は、1記事につき、100円~50,000円までの間で販売価格を設定できます。(有料会員の場合は100,000円)

50,000円に設定している人は、著者は見たことがないのですが、10,000円くらいだとたまに見ます。

よく見る機会が多いのは、100円~500円くらいの設定での販売です。

100円だと、購入のハードルはだいぶ下がりますよね。

noteの記事販売は、あまり期待せずに、でも、時間的に余裕があったらやってみてもいいのかな、という印象です。

著者がマネタイズに成功するまで

いきなり有料記事だけを並べても、読者はその発信者がどんな人なのか判らないので、信頼がなくて、売れにくいのではないかと考えました。

そこで、無料記事を十数点上げてから、有料記事の販売を始めました。noteマネタイズ記事もたくさん読み、noteマネタイズ本も何冊か読みこみました。

また、フォロワー数は閲覧数に直結するので、フォロワーを増やすための努力もしました。

その記事はこちら↓

ですが、初めのひと月は全く売れなかったです。

しかも有料記事を出し始めてからというもの、無料記事で集めた読者は去って行きました

その後も値段を下げてみたり、最後は期間限定無料にしてみたりして、それでも売れなかったです。

諦めていたころに、ポロリと売れました。

一度売れ出すと、続けて売れるようになりました。

売れないからと言って、焦って無料記事に変えないほうがいいのかもしれません。自信がある記事なのであれば、気長に有料で行くのがおススメです。

何が売れたのかというと、渾身の有料記事ではなくて、アクセスしやすい、ブログの上の方に表示されていた、さほど書くのに時間をかけもしなかった有料記事でした。

その記事ばかりが売れました。

なぜこんなことが起こるのかなと考えてみました。

どうしても、記事は更新されていくので過去記事は流れてしまいます。

たぶん読者は、わざわざページをめくって、過去記事までは見ない場合が多いんじゃないか? 

と感じます。

売りたい有料記事は、常に読者の目につくところに置いておくのがベター

また、有料記事は記事のどこから有料エリアに設定するかを決められます。

大事なのは、無料部分を読んだ時点で、いかに有料部分を読みたいと、読者に思わせられるか、です。

無料部分だと思って粗雑な記事作りをすると、有料部分まで引っ張れないので、「有料部分にいかに読者にとって必要なことが書いてあると思わせられるか」を演出するのが大切になってきます。

無料部分で読者を楽しませるサービス精神を怠らないようにしましょう。

サメダ
サメダ

かといって無料部分で満足しちゃう記事内容ではNGなんですよ。

売れない場合、何度も読者の反応を見て記事を書きなおしたり、売れてそうな他者の記事を見たりしてみてください。



noteでイラストや素材を売りたい人のための記事はこちら↓

・アフィリエイトしたい人の記事はこちら↓




手数料のことも考える

noteで記事を販売すると、売り上げから一定の手数料を取られます。(売上0円の場合は取られません)

  • 事務手数料
  • プラットフォーム手数料

が、売り上げごとに引かれます。

その比率は公式HPをご覧ください。

また、振込時には振込手数料270円がかかってきます。

引かれた後の額がどんなもんか想像がつかないかもしれないので、参考画像を貼っておきます。

ご覧の通り、3700円の売り上げは2718円になります。けっこう引かれます。

ですので、記事の販売価格は、手数料が引かれることを考えて設定することをおすすめします

まとめ

・有料記事を売れやすくするには、プロフィール画面と同時に表示される1ページ目までの部分に、常に有料記事を何本か置いておくのがコツかなと思います。

・売れるまでは気長に待ちましょう

・有料記事の無料部分の構成もぬかりなく行うのがベター

新着記事一覧

このブログの運営者・サメダ(下読み経験者)が、「あなたの小説に感想を書きます」サービス・ランサーズにて承り中です

このブログを書いている人
サメダ

小説を読むのが好きで、一般文芸系小説賞の下読みを数年しています。
公募勢でもあり、これまでの獲得賞金は160万超。
このブログでは創作、公募について発信していきます。記事内容は、公式とは無関係で、著者の主観による部分が大きいことをお断りしておきます。
文章書き、小説感想書きのお仕事承ります。問い合わせフォームからメッセを投げてみてください。

サメダをフォローする
文章系
サメダをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました