ようこそ創作沼へ

小説、イラスト創作に役立つ情報を発信。
小説賞下読み経験者に、小説を読んで感想を書いて欲しい、記事作成して欲しい、など、ライティング系のご依頼、承ります。

詳細はこちら

小説投稿サイト初心者向け

書き物関連

【元読み専が考える投稿作品につけてあると嬉しいタグ】小説サイト投稿初心者向け生存戦略9

タグ付けがしにくい作品は、自分でもその作品のテーマが何か、分かっていないのかも。自分の作品のセールスポイントを考えるつもりでタグも考えてみては。読者にとってどんな情報があると便利かな? と考えると、タグ付けもしやすいかも。
書き物関連

【ひとつの投稿サイトに執着するリスク3つ】小説サイト投稿初心者向け生存戦略8

ひとつの投稿サイトに力を入れすぎると失った時のリスクが高い。落胆させられた時、メンタルが落ち込みやすい。リスクヘッジのためにいくつかの投稿サイトを使い分けたほうがベター。
書き物関連

【登場人物表を導入して読者離脱回避】小説サイト投稿初心者向け生存戦略7

ミステリーや歴史もの、話が複雑な場合は、登場人物表を入れることで読者離脱をある程度防ぐことができる。人物関係図もあると、なお読者に親切。
書き物関連

【辛辣な感想が来た時の対処・癒しおすすめ本】小説サイト投稿初心者向け生存戦略6

寄せられた感想・コメントについて、まずは冷静に分析。もう一度読み直したら、中傷でなくて、キツめの批評やアドバイスだったのだと気付くこともあるかも。
書き物関連

【web小説、改行超大事。しないと読者離脱率上昇】小説サイト投稿初心者向け生存戦略5

改行がない文はweb小説では恐ろしく読みにくい。見た瞬間離脱される可能性がある。改行はスマホで見た時に最も読みやすいように設定するとベター
書き物関連

【感想書きコミュニケーション術】小説サイト投稿初心者向け生存戦略4

感想を書くと、返報性の原理で自分の作品へのリアクションも増える傾向にあります。でも、アドバイスは僭越なので、相当親しくても、行うときはよく気を付けたほうがいいです。
書き物関連

【身内の称賛には感謝しつつも冷静でいよう】小説サイト投稿初心者向け生存戦略3

身内に小説を褒められた時こそ冷静に。自分の能力を客観視できていないと、痛い発言をしてしまいがち。短編コンテストは、実力チェックになる。
書き物関連

【渾身の長編の公開は環境が整ってから】小説サイト初心者向け生存戦略1

小説投稿サイトに登録したては、固定読者が囲い込めていない。渾身の長編作品を発表すると、高確率で悲しい気分になるので、よく準備してからがおすすめ。